Category Archives: 「お仕事ビュア」の活用

229月

No.1「お仕事ビュア」の目指すこと

2014年9月よりメイクス・オリジナルサービス「お仕事ビュア」の提供を開始致しました。
「お仕事ビュア」についてサービスの目指すこと、制作事例についてご紹介していきます。

1、自社やサービスを伝える

未知なる企業との出会いには大きく3つのカタチがあると思います。
一つは名刺交換、もう一つがウェブサイト閲覧、そして広告です。

これまで上記で簡潔に自社やサービスを伝える映像は一般的ではありませんでした。
(ウェブでは他の流用映像であったり、CM広告は少々異なりますが)
短時間で自社のつかみを映像で伝え、リーズナブルな費用で他社と差別化を図り、依頼を後押しするのが「お仕事ビュア」です。

名刺交換、ウェブサイト、広告(宣伝的ではない)で簡潔に自社やサービスを伝える。
名刺交換ではQRコードを貼り付けてその場で特徴を伝える。
ウェブサイトでは「まずはこれを」と促し、特長をつかんで戴く。
広告(テレビCMを除く)では広告欄にQRコードを貼り付けて「お仕事ビュア」から特徴を伝える。

ここで以下のことが大切だと考えています。
・CM的ではない
・嘘がない
・長くても3分程度
・多い場合は刻む

2、CM的でなく嘘がない

CM的ではない・・・
これは扱う対象商材の良さを誇張して誘導するような脚色・演出をしないことです。
嘘がない・・・
これはその言葉通り事実を基にします。

そこで事実や実際のことを「素」とし、その「素」に基づいたメッセージを発します。
「素」は日々の活動、大切にしていること、考え方や方針など事業活動にある日常から、任意の部分を取り上げます。
メッセージは「素」として現わされた数々の事実に共通した点、事実の背景など、素直に理解できて嘘がない内容をメイクスでご提案、ご了承を戴きます。

形容表現は極力使わず「素」という素材を見る方に差し出して判断を委ねます。多くのCMで行われる「誘導」は排除します。

3、長くて3分程度、超えるなら分割

映像が訴求力を保てるのは拘束の有無や状況や内容にも依りますが、見て戴ける制約が無ければせいぜい5分位迄ではないでしょうか。

名刺交換後やウェブでの視聴を考慮すれば3分以内が望ましいところ。
3分程度に収まらなければ幾つかに分けることで、見る立場からは分かり易くなります。

また新しい情報をお知らせする事に使う場合でも最小単位で構成することが使い勝手を良くします。長尺の作品よりも簡潔に伝えられるショートムービーが時勢に合っていると考えます。

4、実際に依頼しなければ本当のところは分からない

サービスを利用する場合、このことがついて回ります。
依頼したことの無いような案件でどうしても新規依頼先を必要とする場合、依頼者はこうしたリスクを抱えています。

このような時、依頼先候補企業の中に日常の事業活動を通して、見る方に判断を委ねる「お仕事ビュア」を用意している企業があったらどうなるでしょうか。

CM的ではなく、プロモーション的でもない判断材料が分かり易く提示されていれば相談や依頼にぐっと近づくことになります。

依頼や相談できるところをウェブで探すことが一般的になった現在、判断材料を分かり易く提示しなければ「特徴がよく分からない」で素通りされてしまいます。

5、もっと気軽に映像をご利用戴くために

映像は見る側と作る側でそれぞれ大きな環境の変化をしています。
スマートフォンなどの端末の高機能化と通信環境の大容量化で映像は誰もが普通に見られます。
映像のファイル化、使用機器の低価格化で制作コストが人件費プラス実費になりつつあります。

極力費用を抑えて効果的に自社やサービスを伝えるサービスが「お仕事ビュア」です。短時間できちんと伝える、これを可能にするのは映像だけだと思います。

(次回以降は「お仕事ビュア」制作事例をご紹介していきます。)


お仕事ビュアに関するお問合せは以下のフォームよりどうぞ

お名前

メールアドレス

電話番号

お問合せ内容

ご相談内容